エコカー減税

エコカー減税とは

平成21年4月10日から平成22年3月31日までを期限として、環境に優しいハイブリッドカーなどのエコカーを新車ニューエントリー(検査届出)したら、国からエコカー補助金が貰えるとあって、最近やたらと「エコカー減税・エコカー補助金」のCMを目にしませんか?

しかし、良く見聞きするけれどその中身が分かってるって言う人は、少ないのではないでしょうか。この政策、実は環境に優しいエコカーを買った人にエコカー補助金を出すことにより環境対応策を狙い、

と同時に車の売れ行きが良くなれば景気も良くなる!と環境対応策、景気対応策の一石二鳥を狙ったものですが、ETC導入のに際する政策時同様曖昧なところもあると思いませんか?

例えば、申請期限ですが、「平成22年3月31日まで」とされていますが、期限内であっても財源が無くなり次第終了するとも言われています。

申請が開始される前から、新車購入を検討していた人にとっては、大変有難い政策ではあると思いますが、これから購入を考えようと言う人にとってはいつ申請が打ち切られるか分からないので、当てにしていいものかどうか迷うところですよね。

ETCの時もそうですが、お金のある人ならすぐにでも購入出来のですがお金のない人、ETCを使う機会のない人にとっては、嬉しくもなんともない政策だとも言えるのではないでしょうか?

エコカー減税とは

平成21年度(2009年度)税制改正において、自動車重量税・自動車取得税の特例措置(いわゆるエコカー減税)がとられ、環境対応車への買い替え・購入に対する補助金制度が6月19日から実施されている(エコカー補助金)。

購入補助金については2008年からの世界同時不況に対する経済対策を含んでおり、経済危機対策が公表された2009年4月10日に遡り、2010年3月31日までに新車登録等をした車が対象になる。

補助金については2009年度補正予算に3702億円が計上された。減税措置については「生活防衛のための緊急対策」として一定の環境性能を備えた自動車に対する自動車重量税・自動車取得税の減免措置が取られている(3年間の時限措置)一部引用ウィキペディア

メニュー

お気に入り

Recommend!

Pickup!